コンテストの審査です

コンテストの審査です

熊谷写真俳句コンテスト審査風景

第8回熊谷写真俳句コンテストの最終審査を森村先生と行いました。

今回は全国から1368作品が集まり、一次審査を通過した106作品を斎藤牧子、本郷恵理、私で入選作25作品(ジュニアの部10作品、一般の部15作品)を選びました。

入選作25作品の中から森村先生に特選5作品(ジュニアの部1作品、一般の部4作品)を選んでいただきました。

今回の応募作は一般の部が振るわなかったですね。いかにもって感じのありきたりの作品が多く選考は難航しました。
ジュニアの部のほうが独自の感性で俳句と写真を結びつけた良い作品が多かったです。

審査のガイドラインはあります(今度、内緒で教えます)。
しかし、選者の好みが必ず出ますので写真と俳句のバランスが大事ですね。

熊谷写真俳句コンテストの結果は熊谷写真俳句のHPで発表されますのでしばらくお待ち下さいね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。