夏山と太陽

夏山と太陽

低き雲朝陽輝く夏の山

梅雨明けのしない朝の空。
雲は低く浮かび昇った太陽が眩しく輝き
夏の山はうっすらと霞がかかり
梅雨明の
時期を静かに待っている
気がする今日の朝の陽である。

報告する

コメント

  1. 今日が始まるという瞬間の朝日。いつ見ても気持ちがいいものですね。
    母が、朝日に向かい、夜は月を眺めて合掌していましたので、その光景が思い出されます。
    梅雨明けを静かに待っている朝の陽に、写真からも寄り添う気持ちが伝わってまいります。
    何気ない日常に新鮮な感覚を持たれることは、とても素敵だと思います。(^^♪

  2. 私は毎朝ウオーキングをしています。
    同じ朝の空はありません。
    日々変わっています。
    ウオーキング中、太陽が出ると
    必ず手を合わせ太陽を拝みます。
    太陽がないと人は生きてゆけません
      
    更紗さんいつもご覧いただき
    感謝申し上げます。

コメントするためには、 ログイン してください。