尻屋崎にて(夏編)

尻屋崎にて(夏編)

草食むや乳離れの馬跳ねる夏

大雨の後の尻屋崎は風が強かった、、灯台付近は津軽海峡側、とても強い風で立っていられなくなります,  寒立馬もみな太平洋側の暖かいほうに移動していました
  丁度母親に叱られている子馬を見ました、乳離れをうながしているのでしょう
何度も叱られて、あきらめたのか草をつまんでいました
そのうち、草の味を覚えたのか、母馬とおんなじ顔で草をむしゃむしゃ
いい顔してました

叱られて

報告する

コメント

  1. ナズナッチ様、こんばんは。

    叱られて。。。何だか胸がキュンとなりました。
    人間世界とは違い、厳しい子育て親離れ教育ですね。

    馬の親子のお写真、とても力強いですね。
    仔馬の眼に、寂しさと複雑さが感じられます。

    これから一人で生きていくのだと、伝えるのも愛情。
    私には、身に沁みて頭が痛いことです。(-_-;)

    津軽海峡は、とても強風のようですね。
    この厳しい環境の中で生きていくのですから、
    寒立馬もみな逞しく育たねばなりませんものね。

    素敵な写真俳句ブログを有難うございます。(^-^*)

  2. 更紗ちゃん
    いつも素敵な感想ありがとうございます
    こんなに優しい気持ちで見てくださって、、、寒立馬も嬉しいと思います
    というよりか、私が嬉しいんですけど、、
    寒立馬は優しい馬ですが、いくら優しくても、後ろの回られれば、つい蹴ってしまうとか、、馬の後ろには間違っても寄らないが原則です
    いつまでも、みんなに可愛がられてほしい、、私も馬キチかな~~(笑)

  3. こんにちは。
    寒立馬の親子、親離れは親も子も辛いものなんでしょうね。
    上手く親離れしてほしいと思うけど、それにしても親馬は偉いね。
    人間の親子はなかなか心配したり過保護だったりと、、、
    私は過保護でもないし 放任主義でもなかったけどいい加減に自立してくれたから良かった。
    ただ、次男が未だ。。。(笑)
    寒立馬の親子を見習わないと、、、(笑)

  4. 姫ちゃん
    家も変わりないわ、、こればっかりは、、
    自分を養うのが精いっぱいの様子だから、、お嫁さんは無理みたい
    しょうがないわ、
    孫ちゃんがいないとか寂しいけどね~~
    欲を言わないで、、現状を受け止めることも、、親の自立の一つなのかもね~?

コメントするためには、 ログイン してください。