上野でのこと

上野でのこと

上野の大仏様

上野といえば

中学の時に家出をしたことを思い出さずにいられず、また、今だに気になることもある

一晩で終わったので家出になるか微妙だが両親に心配をかけたことにはなる
しかし、おあいこだと思っているので、謝罪はいまだにしていない。

原因は両親の不和、

その晩兎に角、家には居られず、

スポーツバックに着替えと本を入れて夜の10時頃家をコッソリ出た

行く当てなど無く、家出といえば上野だろうと上野公園で野宿をすることにした

文化会館の裏をねぐらに決め横になるが季節は晩秋、寒くて眠れない

しかたなく、歩き始めると声を掛けられた

髪はリーゼント、派手な服、少し年上のツッパリだ。

これはまずい

と思ったが、逃げられないと判断し、腹をくくった

彼は「ヤクザのおっさんを見なかったか?」という

そこからの細かい話は忘れたが

結局、その彼と一晩中お話してしまった

彼は愛知から家出してきた高校生だった

原宿で女の子を見つけて結婚して

東京で暮らしたいと言っていた

私には語るような夢などなく

ほとんど話を聞くばかりだった。

朝に私が買っておいたパンを二人で食べて別れた

彼の話を聞いて家に帰っても良い気がして家出は終了となった。

彼はその後どうしたろうか
語っていた夢は実現したのだろうか

上野へくるとそれが気になる

報告する

コメント

  1. 家出、手伝ったことは、ありますが
    結婚したくない友のため、親友と組んで、東京へ、、
    何となく青春らしい、いい思い出ですよね
    あなたのは、原因は両親の不和、、
    いい機転だったと思うのですが、、ご両親仲直りできたでしょうか
    今の上野、、そのころとは違って、少し危険なのでは?
    家出できた時代、今は懐かしい気がします
    リーゼントのお兄さんどうなったでしょうね?
    なんか楽しい話を聞けた気がします

  2. ナズナッチさん
    こんばんは

    私のこの反逆は、大人というものへの失望であるが故に、
    たいして功も奏せず

    いつしか、自分もその嫌な大人になったわけで(笑)

    それが結末

    でも、そんなエピソードが人生の宝物だったりしませんか?
    ナズナッチさん

  3. そうそう
    上野は今のほうが安全と思います
    それから
    ナズナッチさんの
    家出の結末はどうなりました?

  4. 後で、、叱られました
    逃がした彼女は、東京のおばさんちに行ってそちらで暮らし
    結婚もしました
    ただ残念なのは、50代で亡くなりました
    東京の水合わなかったのかな~~
    一緒に逃げるのを手伝った友は施設に入りました
    もう一人はパーキンソン病
    でも、この事件は私たちの青春、、心の中でキラッキラに輝いてますよ

コメントするためには、 ログイン してください。