新涼や明治名残の四高館

新涼や明治名残の四高館

新涼

第四高等学校、明治20年4月に官立旧制高等学校として設立
1950年4月に閉校となり今は石川四高記念文化交流館として
金沢広坂の公園内に立っている。人々の憩いの場でもある。

報告する

コメント

  1. ルフレ姫さま、こんばんは。

    深夜の今、当地は雷雨です。
    台風18号の影響なのでしょうか。

    新涼で詠まれた素敵な写真俳句ですね。
    木立の中の校舎も趣があり良いですね。

    建物も、古さを感じさせない洗練されたデザインですね。

    この続きはあるのでしょうか。
    楽しみにしております。(^^)/

  2. 石川四高記念文化交流館は金沢市民の誇り本当にすごい
    兼六園も近くにあるのかな
    この中の廊下ネットで見たけど、すごく豪華に見えた
    新涼に映える赤煉瓦はやっぱり明治の匂いがする
    句も堂々として、この建物に似合ってる気がするよ!

  3. 更紗さん、私のお気に入りの場所で
    私の所属する俳句結社「風港」の名誉主宰千田一路先生も四高が好きで
    四高を詠むと 点が頂きやすいとか、(笑)
    私も「薄紅葉四高名残の赤煉瓦」(上の句と似てますけど)十周年俳句全国大会で千田先生から選を頂きました。
    明治の香りって高尚な気がして、おまけに赤煉瓦、見た目もいいですね。
    もう少しすると アメリカフウの並木道が横にあり綺麗ですよ。
    続きは? まだ考えてませんが、時々又アップいたします。宜しくお願いいたします。

  4. ナズナ婆さん、埃、じゃなくて誇りなんですよ。(笑)
    町の真ん中にあって、ばんから学生が黒マントなど羽織り 高下駄でカランコロン、好いでしょ。
    井上靖も 私の町の近くで下宿してて、柔道に明け暮れしていたそうですよ。
    大正ロマン、カッコ良かったのでしょうね。
    重要文化財として長く残していきたいですね。
    駄句を褒めてはいけませんよ。似たような句ばかりで恥かしい!!です。ありがとうね。

  5. 良いですね。赤煉瓦の建物。羽織袴の生徒達が歩いているような感覚。
    娘一家が金沢にいた時、訪れました。
    仙台の第二高等学校は戦災で焼失。

  6. 八木山山仁さん、確かにここは時代が明治に還ったような風情があります。
    赤煉瓦の凛とした佇まいと 静けさが異空間を感じます。
    お譲さんの御家族、金沢に居られたとはご縁ですね。
    また一度いらしてください。

コメントするためには、 ログイン してください。