政宗も蛇行をみたか春光

政宗も蛇行をみたか春光
自由句

仙台の市街地を流れる広瀬川は河岸段丘をつくり、くねくねと蛇行する。
その両岸に仙台の文化が開けた。政宗の慧眼には驚くばかり。
仙台城の背後には、広瀬川の蛇行によって河川の争奪がおこり、小さな小川を途中で広瀬川に取り込んだ。
これがいわゆる河川の争奪である。そして、そのために滝ができて、滝の浸食力と後退によって竜の口峡谷ができた。
政宗はそんな地形をうまく利用した。
今はのどかに地下鉄が広瀬川を渡るところだけ地上に顔を出している。
水面に反射する春の光がキラキラと。

報告する

投稿者

宮城県

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。