母の忌を修し陽の射す淑気かな

母の忌を修し陽の射す淑気かな
自由句

ははのきをしゅうしひのさすしゅくきかな

宇佐神宮

比売大神(宗像三女神)を祀る宇佐神宮に参詣し
母の式年祭を修す

大鳥居を後にすると
遠望する三女神降臨の御許山(おもとさん)の峰が
雲間から射す陽を浴び
神々しく淑気に満ちていた

母の逝った日は
正月明けの厳寒の冬日であったと憶い出される

報告する

投稿者

福岡県

コメント

  1. 日思子 さま

    このブログの表紙と同じ天使の階段ですね。
    三女神の縁は左のお山でしょうか?
    宇佐神宮にお参りのあとですから、
    「淑気」が、ピッタリですね。お正月の季語ですね。
    やはり、神道なんですね。
    かねがね感じていました。(^.^)

  2. けいこさま

    御許山はもっと左(南)です 遠景写真写真のためトリミングしたら切れてしまいました‍♀️

    我が裏山の日思(日王)山に古来祀られた宗像三女神は 宇佐の御許(大元)山に降臨され 宗像に向かう途中で道に迷い日思山に立ち寄られたと言い伝えられています

    私も今回はじめて御許山のことを知り宇佐神宮を訪ねました
    亡き母のお導きと感謝しています

    コメントありがとうございました

  3. 日思子さま、こんばんは。

    新年の美しい天使の梯子ですね。
    雲間からの光は、何か神々しく身の引き締まるような気持ちになります。

    お母様の式年祭をされたのですね。このような美しい天使の梯子は、
    お母様からの日思子様への感謝とこれからの道が幸せでありますようにとの
    メッセージだったのではないでしょうか。

    今日は成人の日でしたね。新元号令和2年、全国の新成人は122万人でした。
    どうか穏やかな世でありますようにと祈り、天使の梯子を拝見させて頂きました。

  4. 更紗さま
    コメントありがとうございます

    母の命日に天照らす厳かな光景に遭遇し 思わず極まるものがありましたが 更紗さまの仰るように 三女神や母からの何らかのメッセージだったのかも知れませんね

    古の人々がこのオーロラの様な光景を観たときの想いは如何様だったろう 神の存在や天孫降臨を身近に感じ信仰したことだろうと思われたことでした

    現在も御許山の神域には入ることはできないようですが 大元神社には近いうちに参詣したいと思っています

    今日成人式‥我々団塊子年は250万人でしたから半分以下ですね

    更紗さまにも比売大神=三女神の御加護が有りますように祈っています 感謝

  5. 日思子さま はじめまして

    神々しい天使の梯子が静まり返る大地に優しく降り注ぐ光景。幻想的に世界が広がっていくようです。なかなかこのようなロケーションには巡り合えないです。素敵な光景です。

  6. のんびり父さん

    コメントありがとうございます

    宇佐神宮からの帰り道遭遇し幸運でした
    雲の動きとともに刻々と様相が変化する様はオーロラを観ているようでした

    母の忌 御許山を照らしていたのも偶然とは言え忘れられない光景でした

コメントするためには、 ログイン してください。