草鞋の緒結びて参るどんと祭

草鞋の緒結びて参るどんと祭
自由句

1月14日仙台ではどんと祭。
地下鉄東西線開通で便利になったので、この数年は木下の陸奥国分寺に出かける。
ここは国史跡で、元禄2年芭蕉が「おくのほそ道」行脚でも立ち寄った。
あやめ草足に結ばん草鞋の緒 と詠んだところ。
草鞋を履いた裸参りの若い衆にも出逢った。

報告する

投稿者

八木山山仁
八木山山仁

宮城県

コメント

  1. けいこ けいこ

    八木山山仁 さま

    どんとまつりの、お手伝いの男衆! 凜々しいです。(^o^)
    口に白紙ですね。
    神職の印でしょうね。
    さぞや、高くかっこよく舞い上がったでしょう。
    昨今では、環境を考慮して廃止が増えました。
    味気ない世の中になりましたが、仕方ないことでしょう。
    ここも雪がないですね。

  2. 八木山山仁 八木山山仁

    けいこさま。
    コメントありがとうございます。
    今年は暖冬でそれほど寒くはなかったのですが、それでもやっぱり見ていると寒そうですね。
    大崎八幡ではもっと多くのはだか参りの人たちが参加しています。会社、店舗、大学生などなど。
    約払いのつもりで2回、火の周りをまわって帰りました。
    しばらく寒さが続きそうです。くれぐれも風邪などひかれませんように。

  3. 更 紗 更 紗

    八木山山さま、こんばんは。

    寒最中の雄姿のお姿、凛々しくて、やはりいいものですね。
    伝統を継承するのが難しい時代ですが、是非これからも続いて欲しいですね。

    当地のどんど焼きも、お役の方は皆さん高齢で、82歳の方は三代続けておられるようですが、近年は中々役を受けて頂けないようです。お参りの後、どんどの火で焼いた鏡餅を貰い、無病息災で過ごせるようにとお味噌汁に入れて頂きました。

    深夜ですが、当地は寒の雨が降り出しております。
    どうぞご自愛くださいませ。(^^)/~♪

  4. 八木山山仁 八木山山仁

    更紗さま。コメントありがとうございます。
    仙台のどんと祭、けっこう若い人も裸まいりをやっているようですが、
    やっぱりこういう伝統行事は続けてほしいですね。
    今日はちょっと寒いようです。センター試験も無事終了すればと願っています。

    寒さの折、くれぐれもご自愛ください。

コメントするためには、 ログイン してください。